大井川雑感
圧倒的人数差による全敗の大井川が終わりました。
いろいろ思うところがある一週間でした。

まず、敵Pの考察について。

その1.まずもって、すげいね!軍師7や大名5を倒せる実力をもった人がいるのがすごい。このへんはさすがだなぁと素直に思いますね。本陣でお仕置きのため割れたpを叩いたりしますが、盾やアタッカーを叩くと、如実にステの高さが分かります。おそらくは武将スキルも高いのだと推察される。ミーもそうなりたいもんだ。

その2.いわゆるマゲ2垢等の対人組と、武将組が上手く回転してる感じ。武将の前に立ちはだかる壁になって困る^^;本営でた瞬間にバシューンとかあるしwちなみに私は2垢まげはやらないし正直気に入らないが、敵戦力に対するダメージとしては実に有効だと思う。なんどもマゲられると士気は確実に落ちるしね。

続いて、味方pの考察。

その1.総体的な士気は高めだと思う。ただ、合戦私設に入らない人や掲示板放置な人(これについては異論もあろう。純粋に離席とか、怪我が治るまで別キャラを動かすためとか。ただ、掲示板にいては戦力にならないが、怪我でも陣内に立てとくと敵さぽpの戦力を分散できるとかの考えもあることを知っておいてもらいたい。)がいて、検索人数=戦闘可能pにならない場面が。

その2.敵pと比較しての、総合的な武将撃破の安定度(アタックパワー、シールドパワー、回復パワー等の総合的な意味)の差。今回はそれに寄与する装備の方向性について意見を述べたい。例を挙げれば、腕力50よりも生命240腕力30のほうがあきらかにゲリラに向くのである。正直どんなにハイパワーでも即死してしまったらどうしようもない。前衛後衛いろいろあるが、パッチによって装備作成の難易度は格段に易しくなるので、これをいい機会にするのはいかがだろうか。

その3.ゲリラ時の基点であるが、僧や薬などのいわゆる防御極意持ちは、確かに基点はできる。だが、その場合、ふるった時に盾なしになる可能性が増大してしまう。ゲリラにおいて盾なしが一番壊滅度が速い。先ならまだいいが、中奪還等になると、耐えろというほうが酷になる。盾職以外は、後衛の防御極意はあくまでも武将につかまった時用と捉え、積極的に叩くのは控えたほうがいいと思う。無論、敵の防衛等により盾職が早々に全員リタイアという場面もあるが、それはそれで仕方なく、陣につっこんで襲われるに任せると。もしかしたら自分が気づいていない盾職がいるかもしれないしね。

その4.後詰7を撃破できる徒党を作るのはいかがだろうか。奪還は、雲霞のごとく敵pがいるので、ゲリラ中心ですが、逆をいえば敵後詰とか防衛してるpは皆無に近い。本営前のマゲ集団を突破できれば、例えば今回の地形では、後詰はかなーり行きやすい位置にいる。そして、落とせれば四天王5体という難易度比でいえばおいしい戦果のNがいる。無論後詰7は難易度が相当高いので、取り付くスキル、戦闘スキル、装備能力等すべてが要求されますが、現状を打破し、引き分けを取るためには、そういう力技も必要ではないかと思う。もちろん奪還ゲリラ等はあわせて積極的に仕掛けるべきですが。
もっといえば、敵が軍師7>総大将と来てるわけで、こちらも同様にできればあわよくば戦果で負けていても大将撃破で勝利!なんてことも。まぁこれは、ぶっとんだパワーが必要で現時点では非現実的なので忘れよう。後詰7を安定して倒せるようになったら考えてもw

総括。ある程度の人数差なら、先ゲリラをやってれば引き分けラインになるのですが、一定ラインを超えると、味方:先の戦果<敵:先の戦果+N戦果+本陣、になってしまうので悩ましい。いっそ理想的な徒党+サポ数名とゲリラ要員がそろいそうだったら、開幕いきなり敵後詰と先につくって手も。

なーんてえらそうなことをつらつらと書きましたが、自分も精進したいものです。そこで、敵対同盟先とかにお願いして、武将7を練習する環境を用意して(城攻めね)、武将スキルを上げたいもんだ。いろんな人となんどもやってれば、立ち回りや必要とされるスペック等がわかってくるしね。
[PR]
by road__to_big | 2007-09-27 23:32 | 信オン

主に信オン(風雲録在住)、徒然なるままに映画批評、帆船模型作り等でふ
by road__to_big
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りブログ
最新のトラックバック
メタルギアまとめさいと
from メタルギアとりまとめ
三井住友銀行千葉
from 三井住友銀行千葉の情報
合戦についての話し合い
from 仁の華-信On風雲徳川
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧