カテゴリ:映画、ドラマ等の批評( 21 )
えーが
趣味を聞かれると、まっさきに映画鑑賞がうかぶ政宗です。

週に1,2本は見てます。

月額定額制なので、いくら見ようと変わらないんですよ。

というか、見ないと損?みたいな。



借りまくってると、だんだんとどうでもいいようなのが混じってきます。

あきらかに狙ってカオスなB級なオワタなのもあり

あきらかに狙ってないんだけどすべってザンネンなのもあり

ちょw油断してたwまじ感動wwwなのもあり

映画はやめられませんね。

こないだみた、ウォンテッドという映画なんてスゲーと思いましたね。

これほど設定が崩壊してるのも珍しい

CGに頼りすぎてシナリオがオワッテル

キャストは豪華なのに、オワッテル

ボクの好きなモーガン・フリーマンがでてるのに;;

ま、こういうのに出会うのもまた楽しいのですがw

マッタク見ない人、世にゆう超大作や話題のだけ見る人等いろいろでしょうが、皆様も映画をご覧になってはいかがでしょうか^^

信で映画好きというか、映画で語れる人が少ないのが残念。。。
[PR]
by road__to_big | 2009-08-25 22:47 | 映画、ドラマ等の批評
プラネテス
ちょっと時間があったので、何か見るものをとネットを彷徨っていたらヒットしたものが。

宇宙のゴミ拾い屋とでも言うべき、デブリ課の話。

それがプラネテス。

1話目を見たあと、個人的につぼだったんで、思わずDVDを5巻まで大人買い。

いやーこれ

いいわ・・・・

マイハートがブロークンしました。。

これ見た後だと、昔みてたガンダムとかいかにリアルじゃないかよくわかった。。。

きっと、プラネテスのキャラがガンダムの世界に入り込んだら、ショック死するだろうなw

リアルなだけじゃなく、話がいい。
地に足ついた世界観もいい。

特にDVD4巻は、不覚にも涙腺が、、、

へたくそなドラマとか見るよりよっぽどいいと思う。声優も、最近多い脚本棒読みのど素人アイドルとか芸人とか使ってないおかげで、話に入っていける。

これ、アニメに不感症な人以外は、ぜひ見て欲しいなぁ。

とりあえず、残りのDVDもこの調子だと大人買いしそうw

NHKの本気を見せてもらいました。
[PR]
by road__to_big | 2009-01-23 19:34 | 映画、ドラマ等の批評
ふんふんふ~ん♪
リアル平日では仕事に忙殺されて半殺しにあうも、休日は強引に休んでエンジョイしてる政宗でふ、こんばんわ。

いやはや。リアルマネーを稼ぐのは大変ですわぁ。

上司がね、これぞアイタタの見本でねぇ(’’;

あれですよ。

数ヶ月かけて練って決済もらったレイアウトや企画を、実行した当日に見に来た感想が

なんだこれ、おれのイメージだとこうだな。やりなおせごるぁ!

・・・・・

えーと

あんた、それゴーサインのはんこ押してるやん(’’;

つーか、あんたの思いつきで俺たちの数ヶ月の努力とかけた金を消すのやめて(’’;

ここ1年の流れがこうです

企画立案→数ヶ月の努力(涙と努力と怒号とお叱り)→実行→数日後→中身が気に入らないのでやり直し→数ヶ月のど(ry

ちなみに私は事務屋なので、企画といっても内部の話です。

これ以上書くと、リアル仕事がばれ始めるのでこの辺にしときますが、ほんと、経過をめちゃめちゃにしといて結果だけ見て判断されると萎えますわ。。。

ちゅーわけで

そんな雰囲気をいえには持ち込むまいと、エンジョイ♪

映画にショッピングにゲーム三昧w

ゲームはというと、最近はPC版「英雄伝説 空の軌跡FC&SC]をやってます。

現在SCの最終章!

ラスボスへいく面子を誰にするか悩みちゅーw

ネタ重視でいけばオリビーは外せないが、ケビンのほうが使い勝手が、いやしかし、最大HPと防御2倍ちかい持ち主のジンは手軽な攻略を考えれば外せないし、、、アガットは問答無用で外れるとして、、、ティータはいいんだが所詮HPが低すぎて怖いし、、、回復タンクで考えればシェラかクローゼだが、オリビーとかぶる、、、w

しかし、オフゲーもいいもんだ。時間の制約がない。

まったりと楽しんでますw

あ、あと映画。

以下は感想!

1:ゼアウィルビーブラッド
金ですよ金。オイルマネー。金をつかむにはどうすればいいか。答えは、どこまで人間をやめられるかどうか?(’’;
金のために、時間を費やし、努力をする。しかしそれは人並みだ。突き抜けた先をつかむために人は変わる。信用を作るために子供を利用し、ライバルを出し抜くために何も知らない人を騙す。得た金を守るためにさらに時間を費やし、努力し、信用を金に、いや全てを金に変えていく。
その先にあるものは、豪華な家に住み、贅沢な食事をし、執事もいる、空虚な自分。
ラストのせりふで、金はタイトルのように、血に変わった。。。

くらーい映画です。ボクは人並みでいいやと思わせるw
演技もいい。が、アカデミー賞というにはおれは、、、性格的なものかも。
星3つぐらいだなぁ。

2:ノーカントリー
1と去年のアカデミー賞を争ったそうな。争うだけあって、、、、暗いwwww
ある意味では意欲作だな。主人公のうちの一人が、終盤映画の常識を打ち破る死に方(’’w
ある意味でやられましたwてっきりあれは間違いで、実は生きてるとか超月並みな思いで見てましたw
ただ、あの映画に意味を見出そうとしてもできなかった。。。
あとで調べたら、そもそも監督が意味を用意しない意図だったそうなw
学術的にはいいのかもしれんが、これもおいらの毛並みにあわねーなぁ。。。
リアル追求のわりには、空気ボンベのあれはどうみてもありえない。。。

星2つ。。。

3:アドレナリン
うって変わってアホ一直線の映画w
アホといってもギャグってワケではなくて、設定がww
見終わったあとに何も残らない、これぞB級って映画www
星2つw

4:魔法にかけられて
ディズニーによるディズニーファンのための映画
絵本の中のキャラが現実世界に飛び出してあれやこれやのお話。
ありきたりな設定の予想どおりのラスト。
重量感と質感が一昔前のレベルのCG.
が!
王子役やった人はいいwwww
絵本の王子を現実にしたらこうなるだろうなって顔www
よくこの人を抜擢したもんだwww
プリンセスサイドは普通すぎてどうでもいいが、プリンスサイドのストーリーは王子の演技力もあいまって結構おもしろかったw
現実世界になじむのが早すぎるきらいはあったけどねw
王子に免じて星3つ?w

さて、今週は何みようかなぁ♪

いくら借りても同じ金額ってのはいいわぁw
[PR]
by road__to_big | 2008-10-20 18:06 | 映画、ドラマ等の批評
デイアフター
とぅもろーじゃないですよ?!首都水没のほうですw

いやー、正直やられました、この映画にはw

なにがすごいって、突っ込みどころがありすぎてそれ以外のところ探したほうが早いw

かけた金に映画のよさが比例するわけじゃないってののいい見本ですw

逆説的に言えば、映画関係、特に脚本関係の道に携わってみたい人必見?w

以下、ずらずらっと代表的な部分を上げてみよう。

1 冒頭のつかみ。うん、、、ありえないでしょうw2階建ての屋根までつかるぐらい水が押し寄せ てるのにふつーにテレビみてるなんてw
2 ところかわってロンドン。緊張感のまったく感じられない主人公面々。超強力低気圧が接近  中だってのに、友人の死(この友人、あほすぎる行動で無意味な死を迎えたので、正直共感  できね。。。) でブルーになりまくり。
3 ロンドンを貫くテムズ川。その中ほどに、洪水を防止するテムズバリアというのがあるようですが、劇中これが不具合を起こしてるエピがある。が、この伏線がまーーーーーーーーったく生かされないままエンディングへ。。。wふつーに動いてましたが、仮に直したのならそもそも挿入する意味のないエピw
4 この手の災害劇につきものの、一人の優秀な人が、政府の見つけられなかったことを発見し、通報するエピ。このエピは、諸刃の剣である。
  ・未知の方法あるいは論理を発見した結果として対抗策を見出す。
  ・既存の方法を使用してデータを処理した結果として対抗策を見出す。
災害物といわず、少数の個人が英雄となるには前者でないといけない。
後者の場合、スーパーコンピュータの発達した現代では、圧倒的に個人の頭脳の処理能力より上なのである。
ところが、劇中ではどうか。60ぐらいのおっさんが、ノーパソにメールで送信できる程度のデータをぶち込んで数時間ほど計算させた結果を披露し、これが的中している。環境省のおっちゃんとおばさん、カワイソスwwwwwww

5 嵐到来!予想どおりテムズバリア崩壊!!は、別にいい。が、しかし、瞬間移動したと取られかねないおやじwフランクを殺したいのだろうが、あれは、、、w

6 THUNAMIの怖さを知らない人が脚本してるんだろうが、バリアを飲み込むほどの大津波のなかへ意味のないダイブする主人公とヒロイン。アリエナイアリエナイw自殺したいのか?wまぁダイブしたら急におだやかーな流れに変化したんでおぼれる心配はナイダロウ^-^-^-^-^

7 最後までまったく主人公面々とからまなかったため、存在意義の不明な親子エピ。つなみというより床上浸水レベルに遭遇のため、おもしろくなす。

8 警視総監?のおばさま。危機管理能力に疑問符。
  ・救援部隊が全域をカバーできないため、「南西地区」に集中投入することを選択したが、なぜ「南西地区」なのか説明がないため不明。直後に自分の娘が放映されるため、わが子を救うためかと邪推してしまう。ついでに言えば、刻一刻と悪化している状況で、何回もムスメへ電話してると、仕事しろといいたい(’’;わが子かわいさは一般人の特権です。
 ・嵐は収まって青空になりはじめている。水もとまった。生き残った人は屋根に上って救援をまつ姿が放映される。ほっとけば水は引くような気がする。が、水を押し戻すために、上流にたまった水を放流www用水路の水を放流するようなしょぼい画像が流れるが、状況を表示したコンピューター画面を見る限り、すばらしい勢いのようだ。生き残った人がいるビルや家に、逆方向からダメージを与えて崩壊させる気?w
 ・水を押し流すためには閉じてるテムズバリアを開かないといけないが、水没してるため手動でやらないといけない。よって、できるかわからない。その状況で、ろくにシステムを検討しないまま(到着してわかるが、一人は絶対に死なないといけない仕様w)人員を投入。押し流すために流した水がバリアへ到達しそうなため、あかないバリアを爆撃してあけようとする軍に抵抗するありさま。劇中、これはギャンブルですと非難された作戦だが、まさにギャンブルだった。数百万人に影響する状況でギャンブルに走るのはやめてほしい。

9 ぽっと出の軍人が死んでもだれも泣けないから、おやじ殺そう的エピ。いやいや、ちがうだろう。軍人が行こうとしたのをとめた理由が、専門家じゃないからだろうが。おやじも専門家ちがうしwなかでやったことを映像から推察するに、ちゃんと教えれば子供でもできたぞwwwwww

10 中の悪かった夫婦がいがみ合いながら最後には仲良くなるぞ的エピはお腹一杯。。。。

ふぅwwwwwww

これね。ヒマなひとは何個つっこみどころを見つけられるか見て欲しいw
[PR]
by road__to_big | 2008-09-30 22:06 | 映画、ドラマ等の批評
リトル・ミス・サンシャイン
ミスコン(6~7歳バージョン)に出場するために翻弄する姿を通して、それぞれに問題を抱えた家族の再生を描いた物語。

ぶっちゃけいうと、定番というか王道?w

設定に無理がある部分が多々あるが、そんなことはどうでもいいw

良点
オリーブ(ヒロインの女の子)、ちょっとそのお腹はwwwwww
ハートフルコメディの定番だが、家族全員がラストまでそのアンバランス感を無視しているのがいいw
いや、厳密に言えばおやっさんは気にしているようだが、好きなようにやらせたいマミーの意向が強い?w

グランパの遺産?wが白バイおっちゃんから家族を救うwつーか、白バイおっちゃん、そんなんでダイジョウブなのかwww

世の中勝ち組と負け組の二種類しかいないという信念のおやっさん。田舎者のその信念は都会のプロデューサーの洗礼を受けるわけだが、、、。よくある設定(大物の何気ない言葉を真に受けてスターへなる夢をもつやつw)なのだが、ラストでふっきれる様にほほえましす^-^
それにしても勝ち組勝ち組って、やな世の中ねぇ。。。

ハートフルコメディの定番ラスト(明らかに無理なやつが意外な特技その他で予想を覆して大団円)になるかと思いきや、、、やってくれるわグランパwwwwそんなん6歳の子供に仕込むなよwwwwwww

不満点
おじさんのキャラが生かしきれてないなぁ。まぁ兄貴の再生には必要だったのだが、、、そのきっかけはオリーブが果たしたし、あとは自分で再生できそうだたのがザンネン。

ラストで現実に気づいて止めようとするなら、そもそも出させるなよw

総括
もうちょっとだけコメディ度が高いと良かったかなぁ。あんまりコメディコメディだと萎えるが。

でも、最近のやたら無茶のありまくるアクション映画とかに食傷気味な人にはいいかな。

ほっと一息つける映画として、おもしろかた^^

というわけで星4つ。
[PR]
by road__to_big | 2008-09-21 09:30 | 映画、ドラマ等の批評
大いなる陰謀
群像劇スタイルというのだろうか

何の接点もない3つの視点を通して語られるアメリカの対テロ戦争の現実

上院議員と記者、大学教授と生徒、アフガンで展開する新作戦

言いたいことは伝わった、、、ような気がするが、、、

良点
たとえそれが過ちの決定だったとしても、すでに動き出して年月がたって多大な犠牲が出てる以上、ただ反対したり諦観したり、傍観するならそれは過ちより悪いというメッセージ性がわかる。
日本的観点で言えば、行動しないで後悔するより行動して後悔しろ、かな?
まぁそれを言うなら開戦した時点で、行動して後悔した訳だが、それは振れないでおこうw

最後に二人の特殊部隊員の結末がわかるわけだが、アレでいいと思う。逆の展開だったら現実を訴える本作にそぐわなくなる。

現実的という観点でいうなら、学生の意見を上院議員が踏襲してると思われる表現がある。所詮政治家なんてどこも同じかw正義正義と声高に言うが、要は出世のためですねwww

トッド学生が、現代的若者っぽくていいw口ばっかり達者で苦労や努力を嫌うが、本質的なことはわかっていないところがw

判定不能点
上院議員のせりふにこんなんがあった。「我々偉大な国が、あんな野蛮なテント暮らしの未開人にこれ以上いいようにされるのは許せない」だかなんだか(詳細は違うがこんな感じ)。
ああ、あの国は所詮この程度なんだなぁと感じた。自分たちは最高の国。その自分たちに反対する国は野蛮人どもと断罪する様を見てると、自分たちの国で問題が山積みのくせにあんたらに正義を語る資格はねーだろwといいたいですねぇ。
しかしあえてこのせりふを言わせたのは視聴者にアメリカの現実を知らしめるためか?そうだとしたらGJ?w

不満点
現実的ではあるが、結局は記者が信念を曲げてしまった。カナシス

敵地制圧任務に際し、兵員輸送ヘリだけでいかせるあほな作戦があるのか?というか、強襲作戦だけならともかく、制圧後に陣地を構築して拠点とするのを考慮にいれてるのに、1小隊だけでいかせるって、、、後続が来るまでとしても、拠点防衛を少人数で出来ると考える時点でありえねぇ。。。

生け捕りにしたいのだとしても、ただ見てるタリバンあほす。ほっといたら凍死しそうだってのにw

結局、レッドフォード教授はあの学生に何をやらせたかったのかわからん。決断決断と連呼すると、あの戦争にいかせたいのかと思ってしまったが、それにしては、コンビの学生は引き止めたし。

トム・クルーズに議員はミスキャストだ。突然暴漢が現れてアクションシーンが始まる姿を想像しそうになるw
というか、士官学校でたやつがあの若さで議員とかありえなさそう。退役したあとならわかるが。
実践を経験したことのない奴が立てた作戦なんて遂行したくねーw

邦題の意味がワカラネ。なんだよ陰謀ってwもう少しまともな邦題を。。。

総括
可もなく不可もなく?

ロバートレッドフォードお得意の、結論は視聴者にゆだねるタイプだから、好き嫌いが分かれそう。

まぁメッセージ性は多少なりともあるから、星3つにしとこう。
[PR]
by road__to_big | 2008-09-20 14:56 | 映画、ドラマ等の批評
ライラの冒険 黄金の羅針盤
今日より独断と偏見に満ちた批評を徒然なるままにw

五つ星を取れる映画は現れるだろうかw

ああ、メンドウなので基本ネタばれでいきます(’’;

さて、記念すべき1作目の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

結論からいうと、乙w

キャラがだめすぎる。。。

1 主人公がいただけなさすぎる。。。はねっかえり娘だという設定自体は構わない。だが、喋り方とか頭がいいと思わせたいのだろうが、行動があまりにも場当たり的。一瞬でオバサンを信用してついて行った割には、部屋でバックを持ち歩くなという、ある意味で当たり前な要求に切れて脱走(怪しまれないようかくしておけばいいものを、バックはあからさまに怪しすぎる)w
 そして当然のように現れたナゾの集団にはあっさりと信用して羅針盤を披露w
 どう見ても知るはずのない鎧のありかを吹き込んであっさりとくま君を手なずけw
 どう見ても敵地のど真ん中で重要な戦力を独断で連れ出して行動w
 一国のクマ王を、騙して殺害させw
 どう見ても怪しすぎる私設に堂々と正面から現れてつかまって、セキュリティのかけらもない重要設備(これ自体はライラというより相手のアホかw)を目盛りをむちゃくちゃいじって破壊という前時代的な表現で対処w
 意味不明な自信で兵士に唾する度胸w

 以上、これだけで星2以上はありえないな。。。

疲れたんで、他のキャラは大きい部分だけ

2 オバサン
 親の情けは子の為ならず?w2度までも、自身の不始末で逃げられるのは首魁たる能力不足か、、、

3 魔女
 あんたら数おおすぎwてか、組する相手を決める描写がないため、唐突すぎるよwwww

4 クマ
 あんた鎧は魂って言う割りには結構おいていってるよ。。。
 てか、過去に1対1で負けたのに往生際が悪いよ。。。王を決める戦いで不正をされたならいいけどねぇ。。。

続いて筋書き
・どうみても全~作を意識しすぎて、ナゾのほとんどを放置w
・そもそもオバサンがライラを連れて行った意味がワケわからん。その時点では羅針盤もってるって知らなかったし。
・全体的に画面表現が暗すぎる。夜のシーンが多すぎてわかりずらい。最後の大掛かりな戦闘も夜なため、だれがやられたのか判別できない。
・ナルニアとかもそうだが、ファンタジーであることをいいことに、世界観とか常識が適当に設定されているため、危険なシーンでも観客が感じるべき危機感が希薄になる。がけから落ちそうなシーンでも、どうせ空飛べるキャラが現れて助かるんだろうなとか感じてしまう。

結論
星1個。2作目以降を見たらかわるかも知れないが、現時点ではこれ以上あげられない。
[PR]
by road__to_big | 2008-09-14 11:18 | 映画、ドラマ等の批評
まったりと映画鑑賞
やる気うp!

どころか下降線をたどる状況なので、最近はまったりと映画鑑賞。

もちろん、右手にワイン、左手におつまみ

ソファーにゆったり寄りかかって、画面は50インチ

うん

そういう生活したいなぁ。。。w

それはさておいて、映画w

適当にずらずらっと。

「ハンニバル・ライジング」&「レッドドラゴン」
うん、羊たちの沈黙から見てるが、相変わらずホプキンスの存在感ありすぎwww
おかげでレッドドラゴンちゃんがさみしいことに。。。w
ストーリーはちと難点があったが、まぁ及第点?
ライジングの主役やった人(忘れましたw)いい味だしてましたねぇ。時間の関係でしょうが、あまりにもあっさり仇が見つかるのが難点ですが、それを差し引いてもレクターっぽい味がでててGJ。
80点ぐらい?

「ナンバー23」
世の中に溢れる事象を表す言葉(ヒトラーの自殺した月と日付を足すと23とか、名前を分解すると23文字とか)の中に必ず23の数字が見つかる!という妄想に取り付かれた人のお話。
うーん。ねたはいいんだが、パンチが弱かった。。。真犯人を探してたら実は○○だったてのは使い古されてるしねぇ。。。冒頭の、物語に似た人生の人を知っている場合は決して読み進めないようにってのも意味がねーしw
まぁ、40点だな。

「僕とボビーの大逆転」
うってかわって、ほのぼの路線。主役は犬です。それ以外はその他大勢です。犬かわゆいです。かわいすぎますw動きがよすぎますw
うちにも犬がいます。かわいさは飼い主目線もあって同点ぐらい。が、賢さは雲泥の差だわ;w;我が家のはお座りしかできません;;お手とかできるようずいぶんがんばりましたがあきらめたw
ボクが死んだら、ボビー(犬のことね)のように10年以上墓守してほしいな、、、無理だな。そもそもこなそうだw
このジャンルとしては90点ぐらいあげたい!

「バットマン・ビギンズ」
地上波でやってたんでなんとなく観賞。バットマンがなぜ誕生したかついに明かされる!といううたい文句に惹かれたが、、、あれかよw
あれでバットマンになる決意するなら、世の中バットマンで溢れそうだwまぁ財力を兼ね備えてないといけないわけだから、現実にはもっと少ないだろうが。。。意味づけには弱すぎ;;
渡辺謙も序盤しかでねーし。
まぁ35点だな。

「どろろ」
同じくたまたま地上波でやってt(ry。原作は知らないので素直な気持ちで見ました。うん。
途中ウルトラマンを見てる気分になりました。あれは妖怪じゃなくて怪獣ですね。この違いわかります?百姓のクワで叩かれてる妖怪の子供とか寒いw特撮もそうだがCGも寒い。これはまぁしょうがないのかなぁ。洋画と比べるのが悪いともいう。
柴咲コウの演技というか声だしが、痛々しく感じた。がなりたてる感じ?
醍醐かげみっちゃん。住民が、醍醐が天下とってから本当の地獄が始まったとか言ってたのに、いざあってみるといたって普通の親父。子のためにあれするし。妻を両断するぐらいか?天下の平和のためにやむを得ず子を魔物に捧げた悲壮な武士!か、天下を我が物すべく子を魔物に捧げ、世を絶望に叩き落した第六天魔王!の、どっちかに統一してストーリー作って欲しいな。原作どうなってるんだろう。演技はいいんだけどね;;
体を取り戻していくのはいいんだが、この後も続けていくなら最後の方ほとんど生身の人間で大変そうだなぁと余計な心配w
冒頭で出た、まだ借りておくってのはなんだったんだろう。
アクションが、中国系アクションの影響受けすぎでいまいちだった。くるくる回転とか意味ナス。
妻夫木はなかなか演技よかった。作り物の顔らしく表情が出ないのがいい。
明らかに日本にはない風景。明らかにおかしい城。まぁ賢帝歴とかあったし架空の世界だからいいのか?
自分的には殺せないが、でも死んで欲しい!って話が進む時点で、映画的に解決手段があれしかないのはお約束?

とまぁ、あげてみると大半がマイナス意見になってしまった。。。Orz

うーん、原作読んで比較してみたくなったw

邦画という枠ではがんばった?ということで、50点にしとこう。

いやぁ、映画って、本当にいいものですね♪ではまた来週!(水野さん風)
[PR]
by road__to_big | 2008-08-10 22:56 | 映画、ドラマ等の批評
メタルギア
あいも変わらずイン率が低下してる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

まぁ週末はちょろっと伊賀武将とこんちくわしましたが^-^

狩りする気力が沸かないわけですわ。

なので、まー3年ぶりくらいにオフゲーやり始めたわけですわ

選んだのは、昔やってたやつ続き

メタルギアソリッド3サブシスタンス

いやー、おもしろいですわwwww

1と2はやってたんで、感じはわかってましたが、相変わらずいいw

演出はちっと無理があるわけですが、そこは映画じゃなくてゲームなのでおいといて

ストーリーはつぼでした。。。(:_:)

やったひとにはわかる

ラストの敬礼につながるデモでは、正直ぐっと来て涙腺がちょっと緩んでました(:_:)

ゲームでぐっときたのは久しぶりというか初めてというか。。

ザ、ボスいい。。。;;

あいかわらずエンディングロール後まで作ってるしw

まぁでも、このゲームは、中坊以下のおこちゃまには無理ですな。理解でけへんでしょう。

扱った題材が重いしw

最近ではこうこうせーでも怪しいな。。

しかし、1stトライの成績がむごい;w;

アラート回数71回とかどんだけwwww

ミッション成功率を考えると1%台だな。とてもBIGBOSSの称号の名に値しませんw

2ndトライしようかな。。。

シークレットシアターで受けまくったし、中古で安かったからいい買い物だった^^
[PR]
by road__to_big | 2008-02-25 21:46 | 映画、ドラマ等の批評
信念、夢、希望、勇気他
信をやるモチベーションが極端に低下しているため、代わりに映画(’’

というわけで、いくつか見たうちの中から3つほど。

1:「遠い空の向こうに」

ぶっちゃけ実話だそうな。

主人公をとりまく環境、いやだーw

身体能力(アメフトとか)が運良くよければ奨学金で大学へいけるが、それ以外のほとんどは親の後をついで、炭鉱がらみに半強制的に就職(’’;

でも、そんな中でも、夜空に一瞬描いた人工衛星の軌跡を見て、ロケットを自分で作ろうと夢見た主人公(及び3人の仲間)

オヤジは炭鉱のエキスパートみたいな存在で誇りをもっている。ゆえに、絵空事としか思えない息子に、地に足つけろとことあるごとに対立する頑固おやじ。どこの国でも昔はこういう誇りをもったオヤジがいたんだろうなぁ。

よかったです。ええ。まるで映画のような展開をする実話。炭鉱まみれになる未来しかなかったガキが、ロケット工学の第一人者フォンブラウン博士と出会い、最後にはNASAでエンジニアをやったそうな。。。。

おれの周りなら、あれの1万倍何かになれる可能性はあったが、、、逆にレールに乗ってしまったなぁ。。。

2:「守護神」
ちまたでは、海猿のパクリだろー、という意見が多いわけですな。

まぁ海猿は見てないんでコメント不能(’’;

ぶっちゃけ言うとUnited States Coast Guard の話。まぁ米国沿岸警備隊ですな。

現場で役立つことを教えるため、教科書を無視して過酷にも見える教え方の教官がよい。

ラストでは、劇中でしゃべった、「いつか、誰を救い誰を見殺すか決断を迫られる時が来る」を身をもって実践してみせた。

まぁぶっちゃけ展開はべたです。教え子の最後のセリフらへんはなかったほうが。。。

でも、ま。アメリカ軍人の生き様を反映してるようでよかったですな。救うことのできた人数を問われたとき、救えなかった人数を答えるあたり特に。

小ネタ:沿岸警備隊は、その創立過程他から、非公式に第一艦隊となっている。身分は公式にアメリカ軍所属。

3:「戦場のアリア」
舞台は第一次世界大戦の西部戦線の、、、、どこだろう。ソンム川攻防戦あたりか??

現実に起こりながら、伝説にもなりつつある、クリスマス休戦がメインテーマ。

あの女優は現実じゃないだろうが、男優は実際に歌ったらしい。

そして、現実に、こう着状態だった各所で、敵同士が歩み寄り、片時の休戦をともに楽しんだらしい。

もっとも、アホな司教が宗教を隠れ蓑に、敵を絶滅させるまで殺しまくれと煽ったり、休戦に参加した兵士たちを東部戦線に配置換えした独軍とか、所詮は泡沫の夢とも思える内容。

「国の一部を独軍に占領されてるのに、敵と交流しおって!」というセリフに対する仏軍仕官のセリフにこの映画のすべてが集約されてるな。

「国?我々の苦しみを国が理解しますか?我々のつらさを!」
「ドイツ人を殺せと叫ぶ連中より、ドイツ兵のほうが人間的だ!」

小ネタ2:苦しみ、というセリフが理解できるよう数を列挙。例としてソンム川攻防戦で、1日で2万人ちかくが戦死、6万弱が負傷。たった100メートルを進むために2万人ですよだんな。しかも失敗。。。
4年近くに及んだ大戦で失われた人命は、2000万人以上。が、所詮犠牲になるのは前線兵士や民間人で、お偉方は後方でぬくぬくしてたのだろうねぇ。
しかし平和な日本で暮らしてると、2000万とか言われてもぴんとこないのが現実か。。(’’;

うーん、今週はけっこうあたりだった。ほかにタクシー3と4も見たが、回を進むごとに、アホさ全開でスピード勝負の部分がなくなってきて、おいら的には不満。

さて、来週は何見ようかな~♪
[PR]
by road__to_big | 2008-02-17 11:16 | 映画、ドラマ等の批評
  

主に信オン(風雲録在住)、徒然なるままに映画批評、帆船模型作り等でふ
by road__to_big
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りブログ
最新のトラックバック
メタルギアまとめさいと
from メタルギアとりまとめ
三井住友銀行千葉
from 三井住友銀行千葉の情報
合戦についての話し合い
from 仁の華-信On風雲徳川
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧